肩こり

肩こりとは?

肩こりの原因は人によって様々ですが、デスクワークなどの長時間同じ姿勢での作業が続く人に多い症状です。つまり多くの人の場合肩の周りの筋肉を動かしすぎてこるというよりは肩周囲の筋肉を動かさな過ぎてこりが生じていると言えるのです。

肩には僧帽筋(そうぼうきん)や肩甲挙筋(けんこうきょきん)、板状筋(ばんじょうきん)などの様々な筋肉があります。肩こりはそれらの筋肉に必要な酸素や栄養を運んでくれる血流が悪くなった結果起こる症状です。

肩こりの本当の原因とは?

では、なぜ血流が悪くなってしまうのでしょうか。筋肉は性質として、30分収縮した状態のままでいると固くなります。

硬くなった筋肉は血管を圧迫し、血流を悪くしてしまいます。血流が悪くなると筋肉に必要な栄養が不足し、その結果、筋肉は虚血・酸欠状態となりダメージを受けてしまいます。

筋肉が固くなり痛みが発生している硬い状態を筋肉のトリガーポイントと言います。
更に筋肉は症状を感じると無意識に防御反応として収縮を起こし、それによりさらに血流が悪くなり疼痛を発生させる。という悪循環が起きてしまいます。

また、筋肉が収縮すると筋肉の長さが短くなるために姿勢が悪くなり、その結果、他の部位に負担がかかり症状が広がっていくということが起こってしまいます。これは昨日今日で起こるものではなく、何年何十年と積み重ねてきた慢性的な症状です。硬くなった筋肉は施術を行えば必ず元の柔らかい筋肉の状態に戻すことができます。

よく、肩こりは首の骨の歪みや変形が原因と解説していることがありますが、筋肉の拘縮や短縮といた状態が続き姿勢が変化しているために悪循環を生んでいるのです。

ですから、肩こりで筋肉だけを施術するだけでなく、姿勢も正していくことこそがまさに根本施術と言えるのです。

弁慶グループの施術方法

肩こりは長時間の筋収縮により血流が悪くなることで起こります。 弁慶グループの施術はまず、筋肉の状態を柔らかくし血流を改善させることでだるさ、しんどさを取る事を目的としています。
更に、姿勢の崩れにより筋肉に負荷がかからない様にするために、骨盤や背骨の状態を確認し骨格の状態を正していきます。
筋肉と骨格にアプローチを行う事により筋肉が常にいいコンディションで入れるようにしていきます。