寒暖差が引き起こす『肩こり・腰痛』こんなお悩みありませんか?

2020年09月30日

日中は半袖でも大丈夫ですが、
朝晩は羽織りものが必要な
肌寒い時季になりましたね。

 

お身体に変わりはありませんか?

秋の気候は、寒暖差が激しく、
朝晩と日中の気温では約5℃近くも
差が表れます。

最近肩こりや腰痛がひどくなった!
と感じる方は、この寒暖差が
痛みの原因かもしれません。

肩や腰は、普段から身体の重みを支える
負担を感じやすい場所。

その肩や腰に、寒暖差のストレスが加わると
筋肉が硬直し、乳酸菌などの
疲労物質が溜まります。
そして、血管や末梢神経を圧迫する
ことで、痛みを感じるようになります。

痛みを感じないためには、身体を冷やさない
ことが大切です!
出かける前に、鞄に1枚羽織れる上着を
入れておくだけで予防対策になりますよ。

しかし、
すでに凝り固まってしまった筋肉は、
いくら上着を羽織っても意味がありません。

まずは日頃から頑張っているお身体の、
コリや緊張をほぐしてくださいね。

当院では、お1人お1人のお身体にあわせ

入念にカウンセリング・施術を行います。
そのために初回は約60分程お時間をいただきます。

余裕のあるお日にちでご予約くださいね。
+++———————————————-+++

【株式会社光井JAPAN】
企業理念は
「日本中の人々を元気に」

今、私達にできる事は
東洋医学の可能性を最大限発揮し
日本人の健康水準の向上と
健康寿命100歳を皆様と一緒に
目指し続ける事であると
一丸となり取り組んでおります

+++———————————————-+++

弊社では
新型コロナウイルス
感染防止策として

①来院時全員の手指消毒

②施術者全員マスクの着用

③入口と窓の常時の開放

④予約枠の制限

⑤椅子/ベッド数を減らす
(間隔を2メートル以上)

⑥施術中はフェイスシールドを着用

⑦受付に飛沫防止対策シートの設置

ご不便をおかけしますが
ご協力の程宜しくお願い致します